劣化診断(抜管調査)のご提案

劣化診断(抜管調査)のご提案

工場配管の劣化にご不安を抱えておられませんか?

工場配管の劣化にご不安を抱えておられませんか?

経年と共に劣化が生じた設備配管は、様々なトラブルにより、事業的損失の発生や、従業員の安全をおびやかす場合がございます。さらには近年、水質汚濁防止法改正、企業の社会的責任の高まりも受け、配管の老朽化対策がクローズアップされてきております。配管の劣化をいち早く発見し、リスクを予測・予防保全するためにも塩ビ管トップメーカーである弊社の劣化診断を是非ご活用ください。

配管の劣化は配管の劣化は様々な形で現れます。

配管劣化の事例

VP管(JIS K6741)

硬質ポリ塩化ビニル管

塩酸35%、常温、約6年

引張強度 JIS規格以上

偏平強度 JIS規格未満・肉厚約80%薬液浸透

HI管(JIS K6742)

耐衝撃硬質ポリ塩化ビニル管

硫酸90%、常温、約3年

使用流体に対する不適切な管種の選定

→漏液トラブル発生

HT管(JIS K6776)

耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管

NaOH25%、40℃、約6年

引張破断伸び 低下

内面亀裂発生確認(肉厚約60%亀裂到達)
→薬液浸食および外部応力で亀裂進行

VP管(JIS K6741)

硬質ポリ塩化ビニル管

屋外排液、常温、約10年

引張強度 JIS規格以上

偏平強度JIS規格未満

衝撃強度低下(表面樹脂酸化劣化)

この様な問題をまずは調査・診断!

調査・診断の流れ

劣化診断の方法

劣化度判定基準と報告書例

詳しいお問い合せはお問い合せフォームからどうぞ。

お問い合わせフォームへ

工場屋外塩ビ樹脂配管 非抜管(紫外線劣化)診断・調査

工場屋外塩ビ樹脂配管 非抜管(紫外線劣化)診断・調査

まずは手軽な非抜管調査を行いませんか?

屋外配管の紫外線劣化でお困りではありませんか?

見た目にも見た目にも分かりやすい変化のある紫外線劣化。
変色している管の強度がどの程度低下しているのか、弊社がこれまで培ってきた化学的アプローチで診断いたします。

屋外配管の紫外線劣化によるトラブル事例

紫外線劣化とは・・・?

分析方法

調査の流れ

使用可否判断基準

詳しいお問い合せはお問い合せフォームからどうぞ。

お問い合わせフォームへ

劣化に強いプラントパイプ

その他製品はこちら